出典:デジタル大辞泉(小学館)

ベンゼンなどの芳香族炭化水素を、アルキル化またはアシル化する反応。1877年にフランスのC=フリーデルと米国のJ=クラフツが発見。当初、無水塩化アルミニウム触媒の下、ベンゼンからアルキルベンゼンを合成に成功。のちにベンゼン以外にも応用された。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉