出典:デジタル大辞泉(小学館)

中央アメリカ、エルサルバドル西部にあるマヤ文明の遺跡。首都サンサルバドルの北西約20キロメートルに位置する。1976年、建設工事中に発見。日干し煉瓦で造られた住居・共同浴場・集会所などの遺構がある。発掘調査により、6世紀末に近隣の火山が噴火し、集落全体が火山灰に埋もれたことが明らかになった。ほぼ完全な状態で発掘された農耕具などの出土品を展示する博物館を併設。1993年に世界遺産(文化遺産)に登録された。