出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. マークアップ言語XMLにおいて、ある文字や記号を表示する際に、ISO/IEC 10646で定義された文字番号で指定すること。10進数16進数の2種の指定方法がある。タグに含まれる記号を単なる文字列として記述したいときなどに用いられる。HTMLでは数値文字参照とよぶ。→実体参照

  1. HTMLの文字実体参照数値文字参照、XMLの実体参照・文字参照などの総称。