出典:デジタル大辞泉(小学館)

運用と調達の期間の不一致や予期せぬ資金の流失などによって、必要な資金を確保できなかったり、通常より高い金利での調達を余儀なくされ、損失を被ること(資金流動性リスク・資金繰りリスク)。また、市場の混乱等によって、取引ができなかったり、通常よりも不利な価格での取引を余儀なくされ、損失を被ること(市場流動性リスク)。