出典:デジタル大辞泉(小学館)

過去に発生した地震の震源域で、プレートの岩盤が破壊されずに残った領域。

[補説]嘉永7年(1854)の東海地震(安政東海地震)が熊野灘から駿河湾にかけての領域を震源域として発生したのに対し、昭和19年(1944)の東南海地震(昭和東南海地震)の震源域は熊野灘から遠州灘浜名湖沖付近までだったことから、浜名湖沖から駿河湾にかけて割れ残ったプレートにひずみが蓄積しているとして、1970年代後半、この領域で巨大地震が起こる可能性が指摘された。