出典:デジタル大辞泉(小学館)

東京都千代田区の皇居新宮殿、長和殿波の間の壁を飾る壁画。日本画家、東山魁夷の作品で、山口県の青海島の瀬叢 (せむら) と呼ばれる岩礁をモチーフにしたとされる。昭和43年(1968)に完成。