出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代中期の陶工・画家、尾形乾山による工芸品。腰が丸く張り、縁が外側に反った陶器の鉢の内側から縁に向けて、流水、楓の木、紅葉の葉を描き、紅葉の名所竜田川の風景を表現したもの。国指定重要文化財。岡田美術館蔵。色絵紅葉文透彫反鉢。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉