出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(イタリア)Venere d'Urbinoティツィアーノの絵画。カンバスに油彩。縦119センチ、横165センチ。のちのウルビーノ公グイドバルド=デッラ=ローベレの依頼により制作。マネが同作品に影響を受けて「オランピア」を描いたことで知られる。フィレンツェ、ウフィツィ美術館所蔵。