おおみや‐びと〔おほみや‐〕【大宮人】 の意味

  1. 《上代は「おほみやひと」》宮中に仕える人。殿上人 (てんじょうびと) 。
    • 「ももしきの―に語り継ぎてむ」〈・四〇四〇〉
  • 名詞
  • おおみや‐びと〔おほみや‐〕【大宮人】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・博学深識の従七位、花咲く霧に烏帽子は、大宮人の風情がある。

      泉鏡花「茸の舞姫」

    • ・・・ 宇都野さんの歌はどう見ても大宮人の歌ではない、何処かしら東夷とでも云いたいような処があると私は思う。

      寺田寅彦「宇都野さんの歌」