出典:デジタル大辞泉(小学館)

Extremely Large Telescopeヨーロッパ南天天文台(ESO)が建設を計画している大型光学赤外線望遠鏡。旧略称E-ELT(European Extremely Large Telescope)。直径1.4メートルの六角形の鏡を798枚組み合わせた複合鏡で、合成有効口径は39メートルに相当する。補償光学によってハッブル宇宙望遠鏡よりも優れた分解能が得られるという。チリ、アルマゾネス山に設置予定。2024年の稼働開始を目指している。ELT。