出典:デジタル大辞泉(小学館)

operating characteristic curve》製品などの不良率を調べる抜き取り検査において、横軸にロットの実際の不良率、縦軸に検査に合格する確率を示した曲線。不合格にすべきロットを誤って合格としてしまうリスクを知ることができ、適切な検査数を割り出す際に用いられる。検査特性曲線。