出典:デジタル大辞泉(小学館)

石牟礼道子による長編小説。水俣病の現実を描いた「苦海浄土」三部作の第2部にあたる。1970~1980年代にかけて断続的に季刊誌「辺境」に連載されていたが中断。改稿を経て、石牟礼道子全集として平成16年(2004)に刊行された。昭和49年(1974)刊行の、第3部にあたる「天の魚」から30年を経て三部作完結となった。