出典:デジタル大辞泉(小学館)

Giant Magellan Telescope》米国・オーストラリア・韓国・ブラジルなどの国際協力によって建設を進めている超大型光学赤外線望遠鏡。直径8.4メートルの円形の鏡を計7枚組み合わせた複合鏡で、合成有効口径は24.5メートルに相当する。補償光学によってハッブル宇宙望遠鏡の約10倍の分解能が得られるという。ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡との連携観測を行う。チリ、ラスカンパナス天文台(標高2516メートル)に設置予定。2024年の稼働開始を目指している。GMT。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉