出典:デジタル大辞泉(小学館)

抗体の産生を担うB細胞が、抗原などの刺激によって、複数の異なる種類(クラス)の免疫グロブリン(抗体として機能するたんぱく質)を合成するようになること。クラス転換。→体細胞高頻度突然変異

[補説]抗原と結合して活性化したB細胞は増殖し、IgMIgD型の免疫グロブリンを分泌するが、抗原の刺激やヘルパーT細胞が放出するサイトカインの作用によって、IgGIgAIgE型の抗体を産生するようになる。このクラススイッチでは、抗体が免疫細胞補体と結合する定常領域が変化し、抗原と結合する可変領域は変化しない。これによって、特定の抗原に対して異なる機能をもつ抗体が産生され、抗原をより効率的に排除できるようになる。