出典:デジタル大辞泉(小学館)

公開鍵暗号の一。格子上の点を原点からの複数のベクトルの和で表すとき、意図的に格子をわずかに斜めにずらしてベクトルの和の誤差項を導き、この誤差に暗号文のデータを対応させて公開鍵とする。秘密鍵から公開鍵を計算する際に、この誤差項を混入させることで、秘密鍵を割り出す計算を困難にさせる。また、格子の次元数を大きくすることで、解読の難度を高めることが可能となる。量子コンピューターを用いても解読が困難な耐量子暗号の候補として注目されている。