出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代中期の陶工・画家、尾形乾山の作による5枚組の皿。ろくろを使用せず手で整形した円形の皿に白土を掛け、四季折々の自然をモチーフとする柄を描き、金彩を施したもの。国指定重要文化財。根津美術館蔵。銹絵染付金彩絵替土器皿。