出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代の画家、狩野元信の作とされる絵画。天文12年(1543)頃の作品とされる。もとは京都妙心寺の塔頭、霊雲院の方丈を飾る障壁画として描かれたもので、現在は49幅の掛軸となっている。国指定重要文化財

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉