出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代の画家、狩野元信の作品。

京都大徳寺の子院である大仙院の方丈、檀那 (だんな) の間を飾っていた紙本著色による襖絵。現在は8幅の掛軸となっている。墨で描いた花鳥図の鳥や花弁の部分だけを岩絵具で着色したもの。国指定重要文化財
紙本金地著色による六曲一双の屏風。中国絵画の技法と大和絵の画法を組み合わせた作品で、狩野元信が74歳の時の作品とされる。奈良興福寺に伝来し、現在は兵庫県の白鶴美術館が所蔵。国指定重要文化財。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉