出典:デジタル大辞泉(小学館)

進化における自然選択を模倣して、有用な酵素を合成する手法。まず、酵素をつくる遺伝子PCR法によって増幅させると同時に、意図的にランダムな変異を起こさせる。これらの遺伝子を大腸菌に組み込み、目的とする性質をもつ酵素を生み出すものを選別して、その遺伝子を得る。遺伝子をふたたび増幅・変異させて大腸菌に組み込み、選別を繰り返すことで、より有用な性質をもつ酵素をつくることが可能となる。

[補説]米国のF=アーノルドは同手法を開発した業績により、2018年にノーベル化学賞を受賞した。