出典:デジタル大辞泉(小学館)

瀟湘八景を主題とする絵画。北宋時代の文人画家宋迪 (そうてき) が創始したものとされ、王洪、牧渓 (もっけい) らの作品が知られる。日本でも鎌倉時代前後から画題として好まれるようになった。狩野元信相阿弥池大雅横山大観といった画家の代表作にもこの画題がみられる。

[補説]作品名別項。→瀟湘八景図

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉