出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代の画家、相阿弥の作とされる紙本墨画の絵画。

洞庭湖付近の八つの景勝地を描いた作品。京都大徳寺の子院、大仙院の方丈室中 (しっちゅう) を飾っていた襖絵。現在は16幅の掛軸となっている。永正10年(1513)頃の作品と見られる。明治40年(1907)、国の重要文化財に指定。四季山水図。
と同じ主題で、大仙院の方丈仏間須弥壇 (しゅみだん) を飾っていた小襖絵。現在6幅の掛軸となっている。昭和39年(1964)、国の重要文化財に指定。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉