出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 公私いずれにも。

    1. 「―貴き聞こえのありければ」〈発心集・五〉

  1. 公務の中に多少の私情の入ること。

    1. 「さてもさても、―とかや申すことの候」〈謡・盛久