出典:デジタル大辞泉(小学館)

自然界には存在しない超アクチノイド元素を合成する手法の一。重イオンビームの衝突によって生成される複合核励起エネルギーが、比較的小さい核融合反応を指す。複合核からは中性子が1個放出され、目的とする新元素の核種を合成する。ニホニウムを含む107番目から113番目までの超アクチノイド元素は、同手法により合成された。⇔熱い核融合

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉