出典:デジタル大辞泉(小学館)

NASA(米航空宇宙局)とジョンホプキンス大学が開発した太陽観測衛星。旧称ソーラープローブプラス。2018年に打ち上げられた。離心率が大きい周回軌道で太陽に接近し、太陽の磁場の構造やコロナ太陽風の加速の関係などを調査する。

[補説]1950年代に太陽風の存在を予言した米国の宇宙物理学者ユージン=パーカーの名を冠する。