出典:デジタル大辞泉(小学館)

配偶者の死亡によって残されたもう一方の配偶者が、それまで住んでいた家に生涯、無償で住み続けることができる権利。相続開始時に被相続人が所有していた建物に居住し、遺言による指定や遺産分割の合意等がある場合に認められる。配偶者長期居住権。→配偶者短期居住権

[補説]平成30年(2018)の民法改正に伴い導入。2020年までに施行される。