出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「箱ひげ図」と書くことが多い》統計解析において、ばらつきのあるデータをわかりやすく表したグラフ。長方形の中に上下辺(A)と平行な線(B)があり、上下辺からさらに上下に垂線が伸びる。垂線の上下端には短線(C)がある。Aはデータの第三四分位数と第一四分位数、B中央値(第二四分位数)、Cはそれぞれ外れ値の最大と最小を表す。品質管理の分野などで利用される。ボックスプロット。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉