出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ドイツ)Die Muttergottes in der Rosenlaube》ロホナーの絵画。板に油彩。縦51センチ、横40センチ。天使に囲まれた聖母子を描いた作品。フランドル派の影響を受けたケルン派の作品の一。ケルン、バルラフリヒャルツ美術館所蔵。