出典:デジタル大辞泉(小学館)

programmed cell death 1抗原によって活性化したT細胞の表面に発現する膜たんぱく質。過剰な免疫反応を抑制する免疫チェックポイントとして機能する。ある種のがん細胞は、PD-1と結合するリガンドを発現させることで、免疫細胞の攻撃を回避して増殖する。このリガンドとPD-1の結合を阻害し、がんの増殖を抑制する作用をもつ免疫治療薬として、ニボルマブがある。→CTLA-4

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉