• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐よう【悪用】 の意味

  1. [名](スル)本来の用途とは違って、悪い目的に利用すること。「他人の名刺を悪用する」
  • 名詞
  • あく‐よう【悪用】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・は客観的事実であり、これは科学の場合と同様に、無限なる利用と悪用の可能性を包蔵している。

      寺田寅彦「科学と文学」

    • ・・・如何となれば、もし薄弱なる背景があるだけならば、徒にインデペンデントを悪用して、唯世の中に弊害を与えるだけで、成功はとても出来ないからである。

      夏目漱石「模倣と独立」

    • ・・・自分の愛を最もたえがたい方法によって悪用されまいとするだけにも、絶間ない精神と肉体の緊張を必要とした。

      宮本百合子「解説(『風知草』)」