出典:デジタル大辞泉(小学館)

天体望遠鏡が所定の性能に達しているかを確かめるために行われる最初の試験観測。光学望遠鏡以外に、X線望遠鏡赤外線望遠鏡を搭載した人工衛星の初観測においても使われる。