出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]
  1. 《意味・音の類似から「鷹揚」とも書くが、元来は別語》落ち着きがあって、小さなことにこせこせしないさま。「大様に構える」「大様な性格」

  1. 大まかなさま。大ざっぱ。

    1. 「山法師の心の程を思へば、―ながらも理 (ことわり) なり」〈太平記・八〉

[派生]おおようさ[名]
[副]だいたい。おおよそ。おおかた。
    1. 「―、人を見るに、少し心ある際は」〈徒然・五九〉

出典:青空文庫