出典:デジタル大辞泉(小学館)

宮城県登米 (とめ) 市北部、米川地区で毎年2月に行われる火伏せの祭り。顔に煤 (すす) を塗り身体に注連縄 (しめなわ) を巻いた男らが、水を浴びながら町をねり歩く。見物人は装束の藁 (わら) を引き抜き、各家の防火のお守りとする。

[補説]国指定の重要無形民俗文化財。また、平成30年(2018)「来訪神 仮面・仮装の神々」の名称で、ユネスコ無形文化遺産に登録された。