出典:デジタル大辞泉(小学館)

免疫グロブリンの一つ。2本の軽鎖と2本の重鎖が結合したY字型の構造をとる。分子量約18万。免疫グロブリンMとともにB細胞の表面に存在し、抗体の産生を誘導する。血清中にも少量存在する。IgD(immunoglobulin D)。