出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. あぐらを組んで座る。

  1. のんきにかまえて、何の努力もしないことのたとえ。「名門意識の上に―・く」