出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]をか・し[シク]
  1. (「可笑しい」と当てても書く)普通とは違うところがあって笑いたくなるさま。

    1. ㋐珍妙な言動・状況などがおもしろくて、思わず笑いたくなる。こっけいである。「この漫画は実に―・い」

    2. ㋑どこか不釣り合いで、嘲笑 (ちょうしょう) したくなる。ばかばかしい。「彼が代表だなんて―・くって」

  1. 普通とようすが違うのに気づいて疑わしく思うさま。

    1. ㋐普通ではないところが感じられる。変である。変わっている。「どうもからだの調子が―・い」

    2. ㋑言動や状況が不審である。いぶかしい。怪しい。「なんとなくそぶりの―・い男」

  1. 普通とは違った格別の趣のあるさま。

    1. ㋐興味をそそられる。

      「―・しき事にもあるかな…興ある事申したり」〈竹取

    2. ㋑景色などが興趣がある。風情がある。

      「夕月夜の―・しきほどに出だし立てさせ給ひて」〈・桐壺〉

    3. ㋒かわいらしい。

      「うへにさぶらふ御猫は…いみじう―・しければ」〈・九〉

    4. ㋓美しい。魅力がある。また、りっぱである。

      「―・しの御髪 (みぐし) や」〈・若紫〉

    5. 「身貧しけれど、よき人は、方異 (かたこと) に操 (みさを) に、―・しうぞある」〈落窪・四〉
    6. ㋔じょうずである。

      「琴いと―・しうなつかしう弾き臥し給へり」〈落窪・一〉

    7. 面白 (おもしろ) い[用法]

[派生]おかしがる[動ラ五]おかしげ[形動]おかしさ[名]おかしみ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース