出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1658~1716]江戸中期の画家・工芸意匠家。京都の人。名は惟富、通称、市之丞。乾山の兄。初め狩野派を学び、のち光悦宗達の作風の影響を受け、大胆で軽妙な画風により独自の造形美を展開、琳派を確立した。代表作に「燕子花 (かきつばた) 図屏風」「紅白梅図屏風」など。蒔絵 (まきえ) にもすぐれた作品を残した。