出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「おかびき」の促音添加。「おか」は「傍」で、そばにいて手引きをする者の意という》江戸時代、町奉行に属した与力同心の下で、犯罪の捜査や犯人の逮捕に当たった者。目明かし。