おき‐どめ【沖止め】 の意味

  1. 空港の搭乗口や、港の岸壁から離れた所に、航空機や船舶を停泊させること。搭乗・上陸にはバスや小型船を使う。
  1. 行事や事故・悪天候などにより、漁船の出漁を一斉に止めること。
  • 名詞