出典:デジタル大辞泉(小学館)

オキナエビスガイ科の巻き貝。深い海の岩礁底にすみ、貝殻は円錐形で、殻高・殻径とも8~10センチ。殻口は深く切れ込み、殻表に炎状の赤い模様がある。相模湾から房総沖に産する。近縁の化石種は多いが、現生種は少なく、生きた化石といわれる。長者貝。

[生物/動物名]カテゴリの言葉