出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 入り口・表から中のほうへ深く入った所。「洞窟の奥」「引き出しの奥を探す」

    1. ㋐家屋の、入り口から内へ深く入った所。家族が起居する部屋。また、奥座敷。「主人は奥にいます」「客を奥へ通す」

    2. ㋑江戸時代、将軍・大名などの城館で、妻妾 (さいしょう) の住む所。「大 (おお) 奥」

    1. ㋐表面に現れない深い所。内部。「言葉の奥に隠された本音」

    2. ㋑心の底。内奥 (ないおう) 。「心の奥を明かす」

    3. ㋒容易には知りえない深い意味。物事の神髄までの距離。「奥が深い研究」

    4. ㋓芸や学問などの極致として会得されるもの。奥義。秘奥。「茶道の奥を極める」

  1. 行く末。将来。

    1. 「伊香保ろの沿ひの榛原 (はりはら) ねもころに―をなかねそまさかし良かば」〈・三四一〇〉

  1. 物事の終わりのほう。特に、書物・手紙・巻物などの末尾。

    1. 「―より端へ読み、端より―へ読みけれども」〈平家・三〉

  1. 2㋑から》身分の高い人が自分の妻をいう語。また、貴人の妻の敬称。奥方。夫人。→奥さん奥様

    1. 「この―の姿を見るに」〈浮・一代女・一〉

《「道の奥」の意》奥州。みちのく。
    1. 「風流の初 (はじ) めや―の田植うた」〈奥の細道