出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 相撲・柔道などで、宙に浮き上がった足。浮き足。

  1. 鳥獣が地面をかいたり休んだりするために、片足をあげること。また、その足。

  1. (上げ足)相場が上昇していくこと。⇔下げ足

  1. 一方の足を折り曲げ、他方の足のひざの上にのせること。腰掛けるときや、あぐらをかくときにする。

    1. 「御前近くも無遠慮に、縁先に―して」〈浄・丹波与作

出典:青空文庫