出典:デジタル大辞泉(小学館)

古唐津の茶碗の一。形は概して大ぶりで井戸形または熊川 (こもがい) 形。ごく薄い土灰釉がかけられ、火度によって種々変化している。