おく‐ごてん【奥御殿】 の意味

  1. 江戸時代、将軍・大名などの屋敷で、奥のほうにある建物。居間・寝所、また夫人・側室などの住まいにあてた。