出典:デジタル大辞泉(小学館)

深く思い、絶えず忘れないこと。また、その思い、執念。

「霊あらはれたり。殊には讃岐院の御霊、宇治悪左府の―」〈平家・三〉