出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]奥山に生える意から「まき」「たつき」にかかる。
  • 「―真木の板戸を」〈・三四六七〉
「―たつきも知らぬ」〈金槐集