出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 盂蘭盆 (うらぼん) の最終日、親族の霊を送るために門前などでたく火。門火 (かどび) 。 秋》「―のあとは此世の蚊遣哉/也有」⇔迎え火

  1. 門火 (かどび) 1」に同じ。

[補説]書名別項。→送り火

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[秋/行事]の季語