出典:デジタル大辞泉(小学館)

新内節。2巻。初世鶴賀若狭掾 (つるがわかさのじょう) 作詞・作曲。安永元年(1772)成立。江戸三河島であった情死事件を、吉原の遊女浦里と春日屋時次郎の情話として脚色したもの。新内節の好評によって、清元常磐津 (ときわず) 義太夫節でも作曲された。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉