出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. 横になっているものを立たせる。「からだを―・す」「倒木を―・す」「転んだ子を―・す」

  1. 目を覚まさせる。「寝入りばなを―・される」

  1. 今までなかったものを新たに生じさせる。「風力を利用して電気を―・す」「波を―・す」

  1. 新しく物事を始める。興す。「事業を―・す」

    1. ㋐自然が働きや動きを示す。「噴火を―・す」「地滑りを―・す」

    2. ㋑平常と異なる状態や、好ましくない事態を生じさせる。ひきおこす。「革命を―・す」「事故を―・す」

    3. ㋒静かな状態を刺激して、ある影響をもたらす。「ブームを―・す」

  1. ある感情・欲望を生じさせる。また、からだの働きがある状態を示す。「やる気を―・す」「里心を―・す」「拒絶反応を―・す」「食中毒を―・す」

  1. 表面に現れるようにする。

    1. ㋐土を掘り返す。「畑を―・す」

    2. ㋑へばりついている状態のものをはがす。「芝を―・す」「敷石を―・す」

    3. ㋒伏せてあるカード・花札などをめくって表を出す。

    4. ㋓隠されていた状態から表に出す。「伏せ字を―・す」

  1. 速記や録音の音声などを文字化する。また、文章を書いたり文書を作ったりする。「講演の録音を原稿に―・す」「稿を―・す」「伝票を―・す」

[可能]おこせる

出典:青空文庫