出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]だまして人をさそう。また、機嫌をとる。
  • 「このふみの、けしきなく―・り取らむの心にて、あざむき申し給へば」〈・夕霧〉
[補説]仮名遣いは「おこつる」か「をこつる」か不明。