• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

おご‐のり【××胡海苔/海髪】 の意味

  1. オゴノリ科の紅藻。波の静かな沿岸や潮だまりに多く、岩に着生。長さ20~30センチのひも状で、多くの枝に分かれ、紫褐色であるが、ゆでると緑色になる。寒天の原料、また刺身のつまにする。なごや。うごのり。うご。おご。 春》
  • おご‐のり【××胡海苔/海髪】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・彼はその晩も膳の前に、一掴みの海髪を枕にしためじの刺身を見守っていた。

      芥川竜之介「少年」